不動産

はじめて不動産投資を始める方へ。最低限、気をつけてほしいこと

今回は、僕が長年、賃貸業界で従事してきた知識や経験をもとに、 ・これから不動産投資を始めようとする方 ・すでに不動産投資をされていて、あまりうまく運営できていない 方へ、不動産投資をされる上で最低限気をつけてほしいことについて書いてみます。 …

■東南アジアでもすすむシェアリングエコノミー

★サービス付き共同生活スペースを低料金で提供するインドの「Zolo」 インドを拠点とする Zoloはサービスの行き届いた共同生活スペースのプラットフォームを提供している会社です。 この会社、投資家からも高い評価を受けており、これまで多額の資金調達を完…

akippaと住宅供給公社が提携

駐車場のシェアリングエコノミーを運営するakippaが兵庫県住宅供給公社と提携し、akippaにて、兵庫県住宅供給公社が所有する駐車場の貸し出しを開始したそう。 兵庫県住宅供給公社は甲子園周辺の賃貸マンションの駐車スペースを貸し出すようです。 akippaは…

■アットホームがリノベーション事業に本格参入

不動産ポータルサイトを運営するアットホームがリノベーションサイトを公開しました。 https://www.athome.co.jp/renovation/ このサイト、これまでの一般的なポータルサイトとは少々違います。とはいっても、東京で高く評価されているツクルバのカウカモやR…

■Airbnb、360度ライブビデオのテストを開始

airbnbが、また新しいサービス開始をリリースしました。今回は、旅行しようと考えているゲスト向けに360度ライブビデオの提供を開始するとの事。このライブビデオについては、フェイスブックやインスタグラム、スナップチャットに加え、昨年にはLINEもサービ…

民泊って年間180日で儲かるの?

先日、民泊に関して年間の上限日数が180日になるとのニュースを見ました。 180日ということは一年の半分くらいしか運営できないということですよね。 まぁ、実際に、一年の半分以上も稼働するような地域は国内では限定的だと思いますが、この日数で利益があ…

■サブリーストラブルについて

ネットでサブリーストラブルについての記載があったので、サブリースの基本的な仕組みと 僕なりに考える問題点を書いてみたいと思います。 現在、国内では税制対策や低金利化の影響で借家の建築が非常に活発に行われています。 2016年度上半期の着工戸数は50…

国内における新築過剰供給について

現在の国内住宅市場を調べると、物件数は約6,000万戸、世帯数は約5,200万世帯、約800万戸の空き家がある状態と言われています。ちなみに、800万という数字はおよそ東京23区の人口規模と同じ数です。そう考えると驚異的な数字ですね。 一方で新築業界ではそう…

ソフトバンクが自転車シェアリング事業に参入 

この分野にも大手が参入です。 ソフトバンクとOpenStreetは、自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING(ハローサイクリング)」の提供を11月11日から開始しました。 サービスの主な内容は、パソコンとスマートフォンに対応したウェブサイトにて「HELLO CY…

不動産投資の案内等は利用しないほうがいいと思う。

よく「頭金0円からできる不動産投資」とか 「老後の資産形成のために今から始める不動産投資」とか 「ワンルームマンション投資手法」とか 「売却価格一括査定」などの不動産投資についての案内ありますよね。 これ、やめた方がいいと思います。 あ!やめる…

三井住友海上 大手初の民泊保険を販売開始

三井住友海上、大手初の民泊保険を販売開始三井住友海上が、民泊ホスト向けの民泊保険の販売を開始しました。(国内初) 先日、規制緩和が追加され、これまでの6泊から2泊へ大幅に縮小したことや、東京大田区に続き、大阪市でも特区民泊が承認されることもあ…

東京のベンチャーが新しいサービスをリリースした様子。

「SmartEstate」 →Airbnbの賃貸版というイメージで、不動産の知識がなくても安全に個人間で家を貸し借りできる賃貸プラットフォームです。 家賃決済機能・滞納保証・返金保証など安全な取引が出来る仕組みを提供しているとの事。 特徴 1.スマホ一つで家を貸…

東京 賃貸仲介大手「うちナビ」が破産

東京で賃貸仲介・管理事業を展開していたうちナビが破産したそうですね。 負債総額は推定で8億円との事。 うちなびは、平成7年に角南社長が設立した会社で、昨年までに都内約20店舗を展開、テレビCMでも芸能人を起用するなど新進気鋭の勢いのあるベンチャー…

■賃貸業界におけるIoTについて

先週、東京に所在する不動産関係の特化したIoT事業のIT会社社長と面談をしました。Iotはインターネットとモノを結びつけるサービスの事を指しますが、この会社は、スマートロックを販売している会社です。 スマートロックは、住宅の鍵をスマートフォンで施錠…

熊本地震 みなし仮設の不足問題

全国賃貸住宅新聞に熊本のみなし仮設住宅の件が掲載されていました。 「熊本地震の被災者に向けた仮設住宅が不足している問題を受け、賃貸住宅のワンルームなどを活用した新たなみなし仮設の提供方法を設けると発表した。これまでみなし仮設として提供する住…

サブリース問題

■サブリース問題 →先日の賃貸住宅新聞にも取り上げられていましたが、ここにきてサブリース問題を法的に改善していこうという動きがでてきているようです。 サブリースの問題点と言えば、 ・契約期間中に賃料改定があるとは聞いていなかった。 ・契約期間中…

外国人による購入の解禁 ベトナム不動産市場

最近ベトナムについて調べる機会があったので復習も兼ねて記述 「外国人による購入の解禁 ベトナム不動産市場」 これまでベトナム国内で外国人が不動産を購入する場合、駐在員等の居住者による自己使用に限定されていました。しかし、2015年7月に住宅法の改…

やっぱり日本の不動産は遅れていると思う一面。

■住まい情報の世界的プラットフォームを提供しているHouzz(本社・アメリカ)の日本法人Houzz Japanが、 同サービスの会員約22万人を対象に実施した「リフォーム・リノベーションに関する調査結果」を公表しました。(日本の会員は2500人前後) 2015年における…

業界の常識が変わる!? 不動産業界で台頭するチャットサービス

不動産業界では、チャットサービスが急速に増えている。 他業界で増えるチャットサービス 一般的にはLINEやSkypeなどが電話やメールのかわりに利用されるようになり、ビジネス利用としては、ChatWorkやco-meetingなどが利用されています。なぜこのようにチャ…

「空室リスク軽視」銀行アパートローン急増の危険

気になる記事があったので。 土地の有効活用を名目とするアパート・マンション経営に伴う融資、俗にいう「アパマンローン」のあり方に金融庁が目を光らせ始めている。銀行が積極化させているアパマンローンがリスクを軽視したビジネスに傾斜している懸念があ…

ロザンゼルス、ホームシェアリング規制案が大きく前進。

★営業日数制限が年間90日から180日以内まで拡大 ロサンゼルス市は今年の4月、自宅の貸出日数を年間最大90日以内とし、合法的に貸し出し可能な部屋もホストが住んでいる住居に限るという規制案を公表していた。この草案を受けて、Airbnbホストらはメールや電…

アジア圏に強いアゴダへの掲載で民泊稼働率が上がるかも?

日本国内の民泊物件数は3万件を突破するなど勢いを増す一方で、競争の激化で全体的に稼働率が低下してきている。 一方で、稼働率90%以上を維持するリスティングも多く存在していることから、高稼働率を維持するホストと稼働率の低下に悩むホストという「二極…

合法的に民泊を運営するための3つの方法

今、急速に国内で普及している民泊。 最近は、この民泊をめぐって、違法扱いとされ検挙されるケースが目立ち始めている。この民泊、違法と知りつつ運営していくのであれば、それはそれで自己責任ですが、合法の範囲で運営していくのであれば、それなりに注意…

「まわし物件」という業界用語

僕がよく閲覧しているサイトに、「まわし物件」という言葉についての説明がありました。 「まわし物件」とは? 新しい住まいを求めて不動産会社の門を叩いたお客さんは、担当の営業マンの案内でさまざまな物件を見てまわることになります。実は、多くの担当…

国内シェアリングエコノミー、2020年度には600億円と予測

市場調査、調査分析を行う矢野経済研究所が2016年4月~6月に実施した国内のシェアリングエコノミー市場の調査の結果を公表した。 ※シェアリングエコノミー→不特定多数の人々がインターネットを介して乗り物・スペース・モノ・ヒト・カネなどを共有できる場を…

「ネットおとり広告」止まらず。アホだな。

相変わらずな業界だ。 住宅新報によると、首都圏不動産公正取引協議会が、5月分の広告で公正競争規約違反と認められる事例があったことを受け、7社に対して措置処分を行ったという。 今月も、契約済みであるのにインターネット広告の更新を繰り返す「おとり…

airbnbの日本国内登録件数が減少

にわか大家さん「民泊」から撤退?Airbnb登録件数が減少に転じる まぁ、当然といえば当然の流れが一時的にきている。Airbnb登録物件数が減少し始めているそう。。 全国でAirbnbに登録されているのは約3万件(国内)→1ヶ月前は35,000件程度だった。 ちなみに…

公共R不動産が面白い

公共R不動産が新しいサービスを始めたらしい。 公共R不動産は名前から連想されるとおり、東京R不動産関係のサイトで、行政などが持っていて、特段活用できていない物件を紹介しているサイトです。 ビジネスモデルとしては公共物件の貸出しと、賃借人の借入の…

誤解を恐れず毒を吐こう!

不動産業界。 例えば賃貸借契約の時に発生する仲介手数料。これは法律で賃料の1ヶ月分を上限と決まっている。上限は・・だけどほとんどの場合上限の1ヶ月がかかる。 そして、これまたほとんどの場合、借主が負担している。 次に売買契約の時に発生する仲介手…

SOHOについて

今日は、賃貸でも住居ではなく事務所、いやSOHOについて書いてみたいと思います。まず、SOHOとは?SOHOとは『Small Office Home Office』の頭文字を取ったもので、小規模の自宅兼オフィスのことをいいます。時代の流れとともに働き方も多様化している現代で…

民泊180日。残りの日にちはどうする?

先日、国内の民泊について、その上限数が180日までとする法案が可決される動向というニュースがでていました。そうすると、1年のうち残りの日数をどう活用するかが重要になりますね。早速でてきました。【民泊業界初】マハロコムの新サービス「空き部屋借上…

ヤミ民泊で近隣住民から苦情殺到しているらしい。

旅館業の許認可を受けていない「ヤミ民泊」に対して近隣住民から通報が殺到していることが分かった。 今年4月1日以降、東京都23区の保健所が受けた違法な民泊運営への苦情件数は、少なくとも216件に上っている。 苦情の多くは集合住宅に関するもので、「外国…

「満室稼働で利回り5.5%」

「満室稼働で利回り5.5%」 この数字だけみると決して、良い数字ではないと思う。ただ、今日、紹介する仕組みはこの利回りでも、検討の余地はあるのかもしれない。青山財産ネットワークス(東京都港区)は、不動産共同所有システム『ADVANTAGE CLUB』の新規商…

こんなサービスどうだろう?

最近、様々な分野でシェアリングエコノミーが広がっている。 業務シェア、人シェア、車シェア、資金調達シェア、スペースシェアなどなど。 賃貸不動産業界が長い僕としては、アパートやマンションの空室をシェアするのが、一番最初に思い浮かぶ。 ただ、これ…

日本の賃貸市場は、ある意味で飽和状態。

減少し続ける人口流出し続ける人口増え続ける新築住宅当然、住宅はあまる。大家さん、管理会社困りますね。他方、住宅が余っているのに、部屋を貸してもらえない、ありきたりの部屋ばかりでつまらない、という悩みも確かに存在する。これ、どうしてか?一つ…

民泊許可物件を選ぶ上で注意すべきこと

民泊への参入を検討している人が、物件選びにおいて意識するのが「民泊許可物件」だと思います。 民泊を始めるにあたり注意すべき点は以下だと思います。 1 誰が許可したのか 2 家賃、敷金、礼金の上乗せに注意 3旅館業の経営を行う場合は許可が必要 1につ…