読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民泊180日。残りの日にちはどうする?

不動産

先日、国内の民泊について、その上限数が180日までとする法案が可決される動向というニュースがでていました。
そうすると、1年のうち残りの日数をどう活用するかが重要になりますね。
早速でてきました。
【民泊業界初】マハロコムの新サービス「空き部屋借上げ保証」ファミリアリンク社と業務提携
Airbnbの空いている日は、貸出して収入を得よう!」をコンセプトに訪日外国人送客サービスを展開する株式会社マハロコムは、業界最大手の株式会社ファミリアリンクと業務提携し、空き部屋借上げ保証を開始した。
「空き部屋リスクを無くしたいオーナー」と「ホテル不足に悩む旅行会社」の双方にとってメリットがありそう。
民泊が儲かる事は明らかなので(地域にもよりますが)、それならその部屋を借り上げてしまおうという考え方ですね。
民泊運営時の売上と民泊稼働していない時の普通賃貸借り上げを分配していくのだと思います。
この考え方と手法は間違いなく流行ると思います。更に、これにあ空き部屋の時間貸しも加わっていくのだと僕は思っています。