読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【聖和学園】交際相手と性的な行為をし、退学処分になった事について思うこと

その他

かなり衝撃的なニュースだと思います。

仙台市にある聖和学園高校で、在学中に交際相手と性的な行為をしたことを理由に退学を勧告されたことは社会通念上行き過ぎで違法であるとし、元サッカー部員の男子大学生が損害賠償を求める訴えを起こしたとの事。

ネット上に公開されている一連の経緯はというと、、

・男子大学生(18)が高校3年生であった2015年12月、交際相手と性的な行為をしたことを理由に退学処分を決定し、退学勧告を行った。
・男子生徒は転校を余儀なくされており、指定校推薦を取り消しとなった。
・男子生徒に非行歴などはなかったが、校長らは「性的な行為を一度でも行えば退学処分となる。処分に当たり、これまでの生活態度は考慮しない」と書面通知。

・男子学生側の主張:「性的な行為が退学処分の理由になるとの校則は存在しない。教師も周知しておらず、裁量権の乱用で違法だ」
・学校側の主張:「事実関係に食い違いがある。主張は法廷で明らかにする」

となっている。

学校側の主張として、「事実関係に食い違いがある」という点がひっかかりますが(もしかしたら、退学勧告に値する事実があるのかもしれません)、もし、学生側の主張する内容通りであるとすれば、それはそれで大問題なのかなと思います。

まず、高校3年生ともなれば、彼女や彼氏がいることは何ら不自然ではないと思うし、彼女や彼氏がいれば、当然にセックスをすることもあると思います。むしろ学校側は、そういう可能性が十分にあることを理解した上で、避妊への理解度を深めるとか、性病の危険度を教育するという点に力を入れるべきではないのかなと思います。

彼女とセックスをしたことが、学校に知られて退学というのはあまり理不尽ですね。

ただ、、、双方の合意があっての事が大前提ですけどね。