読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産会社のサイトってほぼ意味ない。

タイトルの通り。

考え方によっては、かなり語弊があると思うけど、やはりそう思う。

「企業の自己満足」、あるいは「とりあえず」、である。

少し見方を変えると、例えば、今、世界を賑わせている新進気鋭の企業のサイト。これらのほとんどはサービスの部分は充実しているものの、それ以外は驚くほどシンプルなものになっている。

つまり、本来エンドユーザーに見て欲しい部分、提供したい部分は最新のもので組んであるが、それ以外は意味をほとんどなさないともとれる。

話を元に戻そう。

これは、冒頭の事象は、不動産会社にはことさら言えるかなと。

大手マンモスサイト(スーモやホームズ)は、毎月莫大なコストをかけて集客、メンテナンスをしている訳だから、たいした特徴もないサイトが勝てる訳がない。

もちろん、中には特徴があって面白いサイト、効果のあるサイトもあるけれど。。

東京R不動産に代表されるような、個性豊かなサイトは、見ているだけで楽しめる。これは非常に重要な事だと思う。

このように表現すると誤解もあると思うが、何も企業のサイトが意味がないと言っている訳ではない。

そこに費やすコストと、表現・提供したいサービスを明確にすべきだという意味だ。

大手サイトに勝負しても勝てないとするならば、

僕は、サイトというのは、

・安価で提供してもらえるシステムを構築した企業へ外注する
・完全に無料で作成する

この2つしかないと思うのである。

中途半端にお金をかけると、経営陣はその分を回収しなくてはと、当然に考える。

そりゃあ、無理ってもんだ。そんなに簡単に効果が上がるのであれば苦労はしない。1000万や2000万かけて、大手サイトと同じ位の反響を獲得できるなら、とっくにみんなやっているはず。

不動産会社のサイトというと、大抵は、、、、

会社概要と主要事業の説明があって、後は物件の検索機能だ。

そしてこの検索機能が何ともおそまつ。

大抵は、大手サイトへリンクで飛ばしたり、

あるいは、少ない自社取り扱い物件が掲載されている、

状態である。

大手サイトへ移動するのであれば、何もその企業のサイトを閲覧する必要はなし、少ない自社取扱い物件では選択も何もあったもんじゃない。

これだけインターネットが普及した現代にあっては、むしろサイトから集客を望むほうが時代遅れと認識したほうがいいのかもしれない。(これは集客を望めないということではなく、クロスメディアにしなければ意味がないという意味)

例えば、その昔、インターネットがない時代は、電話掛けをして訪問して会社案内を持参していたはずだ。

会社案内がサイトに置き換えられるならば、当然、そのサイトの告知のために営業活動をしなければならない。

但し・・・特徴のあるサイトは別だし、バズらせる手法を心得ている場合は、まったく別の話となる。

むしろ一つ一つの企業が特徴のあるサイト、サービスを生み出していくことで勝機が見いだせるのであり、これは物件の空室対策にも同じことが言えると思うのである。

誤解を恐れずにいうと、ちょっとお金かけたくらいのサイトでは話にならない。それなら、色々な機能を兼ね備えている企業のサイトを利用して、浮いた時間をその他の営業活動に使ったほうがよいと思うのである。