アジア圏に強いアゴダへの掲載で民泊稼働率が上がるかも?

日本国内の民泊物件数は3万件を突破するなど勢いを増す一方で、競争の激化で全体的に稼働率が低下してきている。

一方で、稼働率90%以上を維持するリスティングも多く存在していることから、高稼働率を維持するホストと稼働率の低下に悩むホストという「二極化」が進んでいる状態。

稼働率の低下に悩むホストに足りないもの、それが「プロモーション施策」だと思う。まぁ、これは通常の賃貸物件の空室対策も同じ。

現状、多くのホストがAirbnbだけに登録している状態で、過当競争が進むAirbnbの中でゲストの奪い合いが起きている。

実は、民泊サイトはairbnbだけではない。

個人的に少し注目しているのがアジア圏に強みを持つ「アゴダ」

「アゴダ」とは

アゴダとはアジア最大かつ急成長を遂げるグローバルオンライン予約サイト。全世界で82.5万施設、日本国内では10,000施設の販売を行っている。

アゴダの強みはその集客力。
他の民泊サイトと比べると圧倒的にユーザー数が多い。Airbnbに加えてアゴダにも登録することで稼働率や単価の向上が期待できると思う。

「アゴダ」をおすすめする5つの理由

アジア圏に強いアゴダで稼働率を高める

2015年の訪日外国人観光客のうち80%以上が中国、韓国、台湾を中心としたアジア地域からの旅行者。アジア圏に強いアゴダだからこそ、Airbnbなどの民泊サイトでは獲得できないお客様にアプローチし稼働率を高めることができる。

アゴダのお客さんにアプローチができる

Airbnbをはじめとした民泊サイトは、民泊施設しか掲載されていない。一方、アゴダはホテルや旅館をメインとすることから、Airbnbとは利用ユーザー層が重複しない。アゴダに掲載することで、Airbnbでは獲得できないお客さんに民泊をアプローチすることができる。


アゴダへの掲載で客単価が上がる

検索結果に民泊しか表示されないAirbnbのような民泊サイトとは異なり、アゴダの検索結果にはホテル・旅館に並んで民泊が表示される。割高なホテルや旅館に比べると民泊はリーズナブルに映るため、Airbnbなどの民泊サイトに掲載するよりは客単価を上げることが可能。

積極的なプロモーションができる

Airbnbでのプロモーションといえば、宿泊料金のディスカウントしか方法がなくこれが原因で激しい価格競争が起きている。一方でアゴダでは「アゴダプライベートセール」「アゴダオペーク」などの各種割引プログラムの設定が可能。

カスタマーサポートも日本語対応で安心

Airbnb以外の大手民泊サイトとしてはHomeawayやTripAdvisorなどがあるが、すべて英語対応。アゴダは日本人による安心のカスタマーサポートが整っており、ご予約に関する確認を日本語で問い合わせができるのも魅力の一つ。

民泊は依然としてグレー(というよりはブラック)の業界ですが、その中でも収益を上げていこうと考えるならば、一つのサイトに頼るのではなく、複数のサイトへの掲載をしたほうがいいと思う。

★そのうち、複数民泊サイトへの同時コンバート掲載を可能とするサービスもでてくるでしょうね。