読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人による購入の解禁 ベトナム不動産市場

不動産

最近ベトナムについて調べる機会があったので復習も兼ねて記述

「外国人による購入の解禁 ベトナム不動産市場」

これまでベトナム国内で外国人が不動産を購入する場合、駐在員等の居住者による自己使用に限定されていました。しかし、2015年7月に住宅法の改正が行われ、外国人による住宅購入条件の緩和が決まりました。

この改正を機にベトナム不動産のマーケットは大きく動き出しています。
〈主な決定事項〉
★外国人で購入できる条件
「パスポートに入国印があること」。つまり日本人でも購入することができます。

★外国人に与えられる住宅所有期間
50年間、1回に限り更新が認められ、追加で50年間の延長ができます。

★外国人の所有制限
分譲マンションは1棟につき全戸数の30%まで、戸建て住宅は1街区につき250戸までと制限されています。

★賃貸条件
外国人でも賃貸物件として家賃収入を得る事ができます。

これまで、日本、シンガポール、マレーシアなど、外国人所有が解禁された国の多くは、不動産価格が急騰しました。

今回、外国人所有が解禁されたベトナムは外国人投資家からの注目度は高く、今後の値上がり予想されると思います。

ベトナムはこれまで不動産市場が閉鎖的だったため、不動産価格は低い水準で推移しています。(GDPは日本の20分の1)

更に、ホーチミンには約1万人の駐在員がいると言われていますが、都心部周辺の高層コンドミニアムの多くはベトナム人が自己使用しており、駐在員の賃貸需要に対する供給不足が顕著です。その結果、安価な不動産価格にも関わらず、高い家賃収入が得られるという状態です。表面期待利回り10%と、他のASEAN諸国の不動産市場と比較するとその高さは圧倒的です。

日本から遠い国への不動産投資はハードルも高く、なかなか手が出しづらいのも事実ですが、北海道の大家さんが九州の物件を購入するのとあまり変わらないという一面もありますね。そういう意味では、投資対象の一つとして検討してみてもいいのかもしれません。