読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断食について

「断食」を実践する起業家やスタートアップが増えている理由という記事をネットで見かけました。

 

その内容は以下の通り。

シリコンバレーにある先進的な取り組みをしているスタートアップ企業のオフィスには、無料のお菓子やランチなど非常に充実しているのは有名です。

しかし、最近は、このような食べ物や飲み物を口にしないスタートアップの経営者や起業家が多くなっていると言います。
その理由は、断食は生産性や集中力を上げる秘訣だからだそう。

Facebookの分析ディレクターも、1日15時間は断食をしている。また違うチームは、月曜の夜から水曜の朝まで食べないと答えています。
会社の中で「WeFast(断食しよう)」というグループまでつくっており、週に36時間断食したい人をグループに招き入れ、毎週水曜に断食明けの食事をしています。現在フェイスブック社では1,184人のメンバーがいるそうでその意識の高さに驚かされます。

彼らは、何を食べるかよりも、いつ食べるかの方が健康にはより重要だとする研究を元に、実践しています。その研究では、いつでも好きなだけ食べていたネズミよりも、決められた時間しか食べなかったネズミの方が、コレステロール値が低く、筋肉量が多かったことがわかったのです。

Facebookの役員は、午後6時から午前9時の間は何も食べないそうで、断続的な断食によって、体重が減るだけでなく、食習慣の管理もしやすくなると言っています。

 

きつそうだけどなるほどと思いました。

 

確かに、何をいつ食べるということは非常に重要だと僕も思います。その選択に時間を使う曜日と時間を決めておけば、その他の時間にその労力を費やすことがなくなります。

実は、僕も最近はフェイスブックザッカーバーグを参考に、スーツのワイシャツは白だけを選択するようになりました。朝、ワイシャツの色選びに時間を費やす必要がなくなり、少しの時間短縮につながっています。次のステップはスーツも同じ色かなと最近は考えています。。